BLOG

皮膚の層

千葉でメンズ脱毛ヒゲ脱毛するならBUDDY–バディ–の押野です。

真皮とは?

線維芽細胞が存在しコラーゲンや(膠原線維)やエラスチン(弾性繊維)、ヒアルロン酸を生成し厚さは1〜4mmです。コラーゲンは真皮の約70%を占め皮膚の弾力を作っています。エラスチンは真皮の2〜3%を占めている皮膚の弾力を保つたんぱく質です。またヒアルロン酸は皮膚の水分を保つために必要な粘性のあるムコ多糖たんぱく質です。この線維芽細胞の働きが劣ってしまうとハリ、弾力、艶がなくなってしまい老けた印象になってしまいます。真皮には表皮への酵素や栄養補給を行う血管、冷たさや熱さなどの刺激のセンサーとなる神経、汗腺、皮脂腺などの付属機関があります。

乳頭層

毛細血管やリンパ管、神経などが通っています。基底細胞に栄養を与えたり皮膚の構造を維持する役割があります。乳頭層にも膠原線維や弾性繊維が存在しています。

 

網状層

線維芽細胞が存在し、皮膚の重要な構成成分である線維(たんぱく質)を作っています。この線維の大部分は膠原線維です

基質

線維と線維を満たすゼリー状の部室で皮膚にハリや弾力をもたらす役割があります。基質はヒアルロン酸(1gで6ℓの水分を保持出来る)などの保湿作用をもつムコ多糖類のほかたんぱく質やビタミンが溶け込んでいます。

 

膠原線維(コラーゲン)とは?

膠原繊維はコラーゲンというタンパク質を構成分子とする繊維です。外からの刺激から保護すると同時に皮膚にしなやかさや弾力を与えています。加齢や紫外線など様々な要因で衰えてしまいます。

弾性繊維(エラスチン)とは?

皮下組織は3層構造の一番下層で表皮と真皮を支えています。皮下組織は多量の脂肪を含んだ組織で血管、神経、汗腺などを保護しています。皮下組織では外部刺激を和らげるクッションの役割や断熱・蓄熱といった保温機能も果たしたりエネルギーを脂肪の形で蓄える役割をしています。体内で作り出せれる熱と体内から外気へ逃げる熱のバランスを保つことで正常な体温を維持しています。

 

千葉でメンズ脱毛・ヒゲ脱毛するならBUDDY−バディ−

メンズ脱毛お試し2回セットの料金はこちら

BUDDYへのお問い合わせはこちら

BLOG 一覧に戻る

HPのTOPに戻る

LINEで送る
Pocket

千葉でメンズ脱毛するならBUDDY(バディ)

千葉でメンズ脱毛・ヒゲ脱毛するならBUDDY−バディ−|男性専門店・メンズVIO

TEL:043-356-3807

営業時間:平日10:00~22:00 土日祝 10:00~19:00
年中無休

WEB予約

おすすめ記事

プロフィール

千葉でメンズ脱毛・ヒゲ脱毛するならBUDDY−バディ−|男性専門店・メンズVIO

千葉のメンズ脱毛専門サロンBUDDY(バディ)です。髭・VIO・全身・美肌フェイシャル・ホワイトニングなど多彩なメニューで男性のお悩みに対応しています。

過去記事

メンズ脱毛サロンBUDDY公式SNS