BLOG

アトピー性皮膚炎を少しでも和らげたい方は必見です

千葉でメンズ脱毛ヒゲ脱毛するならBUDDY–バディ–の押野です。

アトピー性皮膚炎の人は乾燥肌、敏感肌になっています。症状を抑える為には皮膚への刺激を出来るだけ避けることが大切です。皮膚の清潔、保湿と共に生活習慣に気を配ることが大切です。では日常の生活でどのようなことについて気をつければ良いのでしょうか。記載していきます。

髪の毛

髪の毛はアトピー性皮膚炎の最大の敵の一つとされています。髪先の刺激で簡単に湿疹が出来てしまいます。髪先が当たる額やまぶたの上、襟足に出来る湿疹はほぼ髪の毛が原因で起こります。髪先が当たっている限り湿疹は治りません。アトピー性皮膚炎が治るまでは短い髪型にする方が望ましいです。

こまめに切りそろえ、ヤスリをかけます。爪で患部をひっかくと角質層が傷ついてバリア機能がさらに低下します。

メガネ

メガネも湿疹の原因になります。メガネの柄の部分が皮膚に触れて湿疹が両サイドに起こります。コンタクトレンズにすることになりますが問題があります。ドライアイなどによってコンタクトレンズが使えない人がいることです。この場合は皮膚科医と眼科医に相談してどちらかを優先することになります。

装飾品

ネックレスやバングルなどの装飾品も湿疹の原因になります。出来るだけ避け、使用するときは皮膚に直接当たらないようにします。

衣服

肌着は柔らかい木綿のものにします。新しい肌着は使用前に水洗いをします。ハイネックのセーターや帽子、きついジーンズなどは避けます。

室内

部屋の温度は冬でも低めにします。体が暖まると痒みが強くなります。こまめに掃除、換気をしてダニ、ホコリ、カビなどを出来るだけ排除します。布団は日光にあて掃除機でダニの死骸などのを吸い取りましょう。

洗剤

洗剤は界面活性剤の含有量の少ないものを使用します。少なめに使いよくすすぎます。柔軟剤や漂白剤は使用しない方が良いです。

その他

紫外線は皮膚にとって強い刺激を与えます。日傘を使う、日焼け止めと塗るなどしてなるべく紫外線に当たらないようにすることが大切です。アルコールは痒みを誘発しますので避けましょう。

 

アトピー性皮膚炎の方でもメンズ脱毛をしている方はおります。

・メンズ脱毛希望部位に症状が出ていないこと

・メンズ脱毛前にパッチテストをして最終判断すること

・掛かりつけの医師の判断を仰ぐ

などの条件があります。メンズ脱毛前に条件を確認して起きましょう。

 

千葉でメンズ脱毛・ヒゲ脱毛するならBUDDY−バディ−

メンズ脱毛お試し2回セットの料金はこちら

BUDDYへのお問い合わせはこちら

BLOG 一覧に戻る

HPのTOPに戻る

LINEで送る
Pocket

千葉でメンズ脱毛するならBUDDY(バディ)

千葉でメンズ脱毛・ヒゲ脱毛するならBUDDY−バディ−|男性専門店・メンズVIO

TEL:043-356-3807

営業時間:平日10:00~22:00 土日祝 10:00~19:00
年中無休

WEB予約

おすすめ記事

プロフィール

千葉でメンズ脱毛・ヒゲ脱毛するならBUDDY−バディ−|男性専門店・メンズVIO

千葉のメンズ脱毛専門サロンBUDDY(バディ)です。髭・VIO・全身・美肌フェイシャル・ホワイトニングなど多彩なメニューで男性のお悩みに対応しています。

過去記事

メンズ脱毛サロンBUDDY公式SNS