BLOG

アトピー性皮膚炎とメンズ脱毛

千葉でメンズ脱毛ヒゲ脱毛するならBUDDY–バディ –の押野です。

今回は『アトピー性皮膚炎』について記載していきます。

アトピー性皮膚炎の定義・診断基準(日本皮膚科学会)

アトピー性皮膚炎の定義(概念)

アトピー性皮膚炎は増悪、寛解を繰り返す、痒みのある湿疹を主病変とする疾患であり患者の多くはアトピー素因をもつ

【アトピー性素因】

家族歴、既住歴(気管支ぜんそく、アレルギー性鼻炎、結膜炎の疾患がある人)

アトピー性皮膚炎の診断基準

1、痒み

2、特徴的皮疹と病変

急性病変‥‥紅斑、湿潤性紅斑、丘疹など

慢性病変‥‥浸潤性斑、苔癬化病変など

分布

左右対称性

好発部位‥‥前頭、眼囲、口囲、唇、頸部なそ

参考となる年齢による特徴

乳児期‥‥頭、顔に始まりしばしば体幹、四肢に下降

幼少期‥‥頸部、四肢屈曲部の病変

思春期・成人期‥‥上半身に皮疹が強い傾向

慢性、反復性経過(しばしば皮疹が混在する)

乳児では2ヶ月以上、その他では6ヶ月以上を慢性とする

 

アトピー性皮膚炎のバリア機能低下説

以前はアトピー性皮膚炎は『アレルギー説』が圧倒的に支持されていました。しかしそれでは説明のつかないことが多々見られるようになりそこで登場したのが『バリア機能低下説』です。

皮膚の角質層は天然保湿因子(NMF)を含む角質細胞がレンガのように重なり合った状態になっています。そして角質細胞間脂質で埋められつなぎとめられています。この角質層の第一の働きがバリア機能で細菌やウイルスなどの病原微生物、紫外線や温熱、化学物質やホコリなどの外敵を跳ね返して皮膚を保護します。適度な水分保持機能も持っています。

角質層の表面は皮脂膜によって覆われ皮脂膜もバリア機能、水分保持機能を持っています。バリア機能の主役は角質細胞間脂質とされ、中でもその主成分のセラミドと考えられています。このセラミドが少なくなると角質間細胞脂質に隙間ができてバリア機能や水分保持機構が低下し皮膚やちょっとした外からの刺激にも乾燥しやすく敏感になりその結果アトピー性皮膚炎の人は一般の人よりセラミドが少ないことがわかっています。セラミドが現象するのかといえばまだはっきりわかっていませんがおそらく遺伝子や環境の悪化などが関わっていると考えられます。乾燥肌(ドライスキン)、敏感肌の人がアトピー性皮膚炎になりやすいことは一致した見解です。いかに乾燥肌、敏感肌にならないようにするかがアトピー性皮膚炎の予防及び治療の要です。

 

アトピー性皮膚炎の方でメンズ脱毛をしている方はおりますがメンズ脱毛をご希望の部位に症状が出ていないことが条件となります。しかし判断はメンズ脱毛をする前にパッチテストをさせて頂き最終判断を行います。現在治療中の方は掛かりつけの医師の判断を仰いでからメンズ脱毛を行うことをお勧めします。

千葉でメンズ脱毛・ヒゲ脱毛するならBUDDY−バディ−

メンズ脱毛お試し2回セットの料金はこちら

BUDDYへのお問い合わせはこちら

BLOG 一覧に戻る

HPのTOPに戻る

LINEで送る
Pocket

千葉でメンズ脱毛するならBUDDY(バディ)

千葉でメンズ脱毛・ヒゲ脱毛するならBUDDY−バディ−|男性専門店・メンズVIO

TEL:043-356-3807

営業時間:平日10:00~22:00 土日祝 10:00~19:00
年中無休

WEB予約

おすすめ記事

プロフィール

千葉でメンズ脱毛・ヒゲ脱毛するならBUDDY−バディ−|男性専門店・メンズVIO

千葉のメンズ脱毛専門サロンBUDDY(バディ)です。髭・VIO・全身・美肌フェイシャル・ホワイトニングなど多彩なメニューで男性のお悩みに対応しています。

過去記事

メンズ脱毛サロンBUDDY公式SNS