BLOG

歯周病と歯槽膿漏  千葉駅メンズ脱毛サロンBUDDY

千葉/津田沼/船橋でセルフホワイトニングならメンズ脱毛サロンBUDDY

歯周病(歯槽膿漏)とは?若い人も要注意!症状や歯肉炎との違いは?

【歯槽膿漏(しそうのうろう)】という言葉は聞いたことがあると思いますが、お年寄りがなる病気だというイメージはありませんか?自分の口臭が気になったり、歯ぐきから出血することがあったときには・・・・
ひょっとしたらそれ、歯槽膿漏(歯周病)かもしれません・・!今回は、若い人も要注意!若いからと言って油断してはいけない歯槽膿漏(歯周病)についてご紹介します。

 

歯周病の最終形態?


歯周病とは、歯の周囲の病気のことを表し、以前は歯槽膿漏と呼ばれていました。歯周病の重度の状態で、歯槽骨から膿が漏れるという状態から生まれたこの名前は、とてもショッキングなネーミングですよね・・・。

 

歯周病の進行


歯周病は、歯肉炎と歯周炎(歯槽膿漏)に分けられます。

 

歯肉炎


歯の周囲の歯ぐきが炎症を起こして、赤く腫れたり、出血しやすい状態を指します。これは10~20代の若者にもみられ、歯周病の初期段階です。この段階でキチンとした歯磨きやケアを徹底し、プラークコントロールを行えば、歯肉炎は改善します。

 

歯周炎(歯槽膿漏)


歯みがきやケアをせずに歯肉炎を放置しておくと状態が悪化し、歯を支えている歯槽骨が溶けていきます。すると、歯と歯ぐきの間の溝が深くなっていき、そこに細菌が入り込み更に骨を破壊していきます。最終的には、歯がグラグラになり、血や膿が出たり、強い口臭を発することに・・・。
これは主に30代以上の方に多く見られますが、近年では若者にもこの症状がみられることが増えてきました。
しかも若者の歯周病は進行が早いというから驚きです!

 

歯周病の恐ろしさ


歯周病の症状は悲惨なものです。酷い口臭が発生し、歯茎の変色や歯並びにまで影響を及ぼします。さらには痛みが出て噛むことができなくなり、ご飯を食べることもままなりません。歯周病の恐ろしいのは、悪くなってからでは治すことができないところです。
歯周病は、初期段階では症状が特にありません。そのため、むし歯に比べて関心の低い人が多く、歯医者に定期的に通わない人が深刻な歯周病にかかっていた、ということも多々あるそうです。

 

歯周病の対策方法とは?


歯肉炎、歯周炎、歯槽膿漏になりたくないと読んでいただいた方は思うと思います。

日常の生活で歯ぐきをケアするって難しいですよね。

そこで出来るのが『セルフホワイトニング です』歯を自然に美しい綺麗な歯にするのはもちろんのこと、歯周病の予防が出来るのです。更に口臭の予防も出来ます。喫煙者の方は必見です。将来の自分の為に歯をケアしてあげましょう。いくつになっても口を大きく開けて笑いましょう。

千葉駅でセルフホワイトニング

 

 

LINEで送る
Pocket

千葉でメンズ脱毛するならBUDDY(バディ)

千葉でメンズ脱毛するならBUDDY(バディ)
男性脱毛専門店・髭・VIO・全身・セルフホワイトニング

TEL:043-356-3807

営業時間:10:00~22:00 年中無休

WEB予約

おすすめ記事

プロフィール

千葉でメンズ脱毛するならBUDDY(バディ)

千葉のメンズ脱毛専門サロンBUDDY(バディ)です。髭・VIO・全身・美肌フェイシャル・ホワイトニングなど多彩なメニューで男性のお悩みに対応しています。

過去記事

メンズ脱毛サロンBUDDY公式SNS