BLOG

光脱毛(フラッシュ脱毛)が出来ない疾患・体質

スタッフの押野です。

光脱毛(フラッシュ脱毛)にはご対応が出来ない体質(疾患)というものがございます。ご説明していきます。

 

美容ライト脱毛とは

除毛・減耗を目的に皮膚に負担を与えず毛の幹細胞を破壊しない範囲で、エステティックサロンで行われる光脱毛のことを言います

 

美容ライト脱毛が出来ない皮膚疾患

皮膚湿疹などある場合は、他人にも感染させてしまう恐れがあります。患部にはむやみに触れず医師に相談をして判断を仰ぎましょう。

1、皮膚ガン、悪性黒色腫(アクセイコクショクシュ)・メラノーマ

皮膚ガンには、有棘細胞がん(ユウキョクサイボウ)、基底細胞がんなど色々あります。悪性黒色腫はメラノサイト(色素を産生する細胞)の悪性腫瘍です。

2、ヘルペス

ヘルペスはとは皮膚に小さな水ぶくれの集まりができる病気のことで単純疱疹(タンジュンホウシン)と帯状疱疹の2種類があります。ウイルスによる皮膚・粘膜の感染症です。光照射により誘発されたり悪化することがあります。

3、イボ

イボのウイルスが基底細胞に感染して起こる感染症です。小さな傷があると簡単に感染します。光照射で皮膚がダメージを受けると新生したり、数が増える可能性がありあます。

4、タムシ、白癬菌(ハクセンキン)

白癬菌というカビの一種が皮膚に寄生して起こる身近な感染症です。

身体にできる場合は『タムシ』

足にできる場合は『水虫』

他に爪、頭部、服部、手などにも発症します。

5、とびひ

黄色ブドウ球菌という細菌が皮膚の浅い部分に感染する病気です。主に子どもに多い病気で水疱が出来て、水疱から出た膿から感染します。夏に流行し大人にも感染する場合があります。

6、せつ

黄色ブドウ球菌が毛包や皮脂腺に感染し毛包周囲に炎症を起こし化膿したものを『せつ』といい顔面の中央に出来たものを『めんちょう』と言います。局所は熱を持ち赤く腫れて強い痛みを伴います。

 

美容ライト脱毛トリートメントが出来ない内科疾患

1、心臓病

ペースメーカーを使用している場合は誤作動を誘発する可能性があるので美容ライト脱毛トリートメントは禁忌です。心臓病全般については発作を起こす危険があります。

2、糖尿病

美容ライト脱毛トリートメント後の皮膚回復が遅く、皮膚障害を起こしやすい為禁忌です。

3、てんかん・気管支喘息

美容ライト脱毛トリートメント時の刺激が発作を誘発する可能性がある為禁忌です。

※上記以外の内科疾患のある方に対しても注意が必要となります。

 

美容ライト脱毛トリートメントが出来ない体質

1、アトピー性皮膚炎

アトピー性皮膚炎は遺伝性の体質をもとに花粉・ハウスダスト・動物の毛などの複合的な原因で起こる病気です。かゆみや感想を伴い、美容ライト脱毛トリートメントを行うと悪化する可能性があります。

現在ご希望の部位にアトピーの症状が出ていなければ、大丈夫です。しかしお肌に関わることなので、パッチテストをさせて頂いて最終判断を行い施術致します。現在治療中の方は、掛かりつけのお医者様にご相談後、施術を行っていきます。

2、アレルギー体質(光アレルギー・光線過敏症)

日光を浴びた皮膚に赤みや水疱などの炎症が起きる人がいます。過去に日焼けをしてトラブルが起きたことがある人は美容ライト脱毛トリートメントは禁忌です。

3、ケロイド体質

ケロイド体質の方は傷を治す過程に置いて肉芽組織が過剰に増殖し、しこりを作りやすい体質を持っています。美容ライト脱毛トリートメントが原因でケロイドになる可能性があります。

 

いかがだったでしょうか。

今回は脱毛が出来ない疾患。体質について記載しました。

ご参考にしてみてください。

千葉/市原/成田でメンズ脱毛するならBUDDY−バディ−

メンズ脱毛お試し2回セットの料金はこちら

BUDDYへのお問い合わせはこちら

BLOG 一覧に戻る

HPのTOPに戻る

LINEで送る
Pocket

千葉でメンズ脱毛するならBUDDY(バディ)

千葉でメンズ脱毛・ヒゲ脱毛するならBUDDY−バディ−|男性専門店・メンズVIO

TEL:043-356-3807

営業時間:平日10:00~22:00 土日祝 10:00~19:00
年中無休

WEB予約

おすすめ記事

プロフィール

千葉でメンズ脱毛・ヒゲ脱毛するならBUDDY−バディ−|男性専門店・メンズVIO

千葉のメンズ脱毛専門サロンBUDDY(バディ)です。髭・VIO・全身・美肌フェイシャル・ホワイトニングなど多彩なメニューで男性のお悩みに対応しています。

過去記事

メンズ脱毛サロンBUDDY公式SNS