BLOG

メンズ脱毛に使われる「光」とは?

千葉/津田沼/船橋でひげ脱毛ならメンズ脱毛BUDDY

こんにちは!千葉市中央区のメンズ脱毛サロンBUDDY(バディ)の平山です。

今回のブログでは、

メンズ脱毛に用いられる「光」

について簡単にご紹介したいと思います。

 

波長

光の波長を数値で表す時に用いられるのが「nm(ナノメートル)」という単位になります。

紫外線

nmで表すと380nm〜0nmの領域が紫外線と呼ばれており、肌に対して有害な作用をもたらす事の多い波長帯です。日焼けやシミの原因もこの紫外線が影響しています。

ただし、悪い影響だけでなく殺菌効果も高い為、様々な殺菌処理にも用いられるのが紫外線です。

紫外線の中でもUV-A(380〜315)、UV-B(315〜280)、UV-C(280〜200)と分かれておりそれぞれ特徴があります。

可視光線

光脱毛機や医療レーザー脱毛機に用いられるのがこの可視光線の波長帯です。数値は380〜750程と言われています。文字の通り目に見える光で数値により色が違います。可視光線の領域より下でも上でも目には見えなってしまいます。

可視光線は内分泌の調整を図り、生体リズムにも大きく関わってくる光線です。体内酵素の働きを向上させ、免疫力を高める働きもあります。

起床した時、太陽光を浴びると目が覚める感覚って感じた事がある方もいらっしゃると思います。これも可視光線の働きの1つです。

赤外線

近赤外線も目に見えない光の事です。赤外線の中でも近赤外線・中赤外線・遠赤外線と分かれています。脱毛機で用いられるのは近赤外線で波長は1200nm前後と言われております。透過性が強く、波長が長いので熱作用として整体組織の深部まで達する事ができます。

 

いかがでしたでしょうか?少し難しい内容となってしまいましたが、当店のメンズ脱毛に用いる光は肌に害のない可視光線です。脱毛と同時に美肌効果も期待できますので是非ご体感ください。

千葉でメンズ脱毛するなら男性専門脱毛サロンBUDDY

髭/ひげ/ヒゲ/胸毛/腕毛/すね毛/アンダーヘア/陰部脱毛(VIO)/全身のムダ毛でお困りの男性は当店へお任せ下さい。メンズ脱毛以外にもメンズフェイシャルやセルフホワイトニングで男性のトータルビューティーを応援しています。

 

 

 

LINEで送る
Pocket

千葉でメンズ脱毛するならBUDDY(バディ)

千葉でメンズ脱毛するならBUDDY(バディ)
男性脱毛専門店・髭・VIO・全身・セルフホワイトニング

TEL:043-356-3807

営業時間:10:00~22:00 年中無休

WEB予約

おすすめ記事

プロフィール

千葉でメンズ脱毛するならBUDDY(バディ)

千葉のメンズ脱毛専門サロンBUDDY(バディ)です。髭・VIO・全身・美肌フェイシャル・ホワイトニングなど多彩なメニューで男性のお悩みに対応しています。

過去記事

メンズ脱毛サロンBUDDY公式SNS