BLOG

髭脱毛のきっかけはニキビ?

千葉でメンズ脱毛ヒゲ脱毛するならBUDDY–バディ–の押野です。

肌トラブルといえば『ニキビ』です。今日はそのニキビについて記載していきます

 

ニキビとは?

ニキビは『尋常性ざ瘡』と呼ばれる皮膚疾患の一つです。皮脂腺から分泌された過剰な皮脂が毛包に充満し毛包壁が過角化して毛孔を塞ぐことで面方(コメド・めんちょう)が形成されます。そこに雑菌が繁殖して炎症を起こすと丘疹や膿へと悪化します。脂性肌(オイリースキン)によくみられ特に思春期の男女に多く発症します。この時期に多いのは、性腺と副腎皮質の働きが活発になりそこから分泌される男性ホルモンに刺激されて皮脂腺が活発に働くためとされています。思春期男女にできるニキビは『若年性ざ瘡』と呼ばれます。一般的には20歳を過ぎたらニキビと呼ばないなどとも言われますが、医学的にはそのようなことはなく20歳以降もできることはあります。これを『成人ざ瘡(アダルトニキビ)』と呼んでいます。ただし皮脂腺の少ない小児期には出来ません。生まれつき出来やすい人と出来にくい人がいます。

 

髭脱毛アドバイス

髭脱毛にも効果が出やすい人と出にくい人がいます。髭脱毛効果が出やすい人は

・色白である

・肌状態が良い

日焼けや日頃から肌ケアをすると髭脱毛効果が変わります。

 

ニキビ発症の要因

内的要因

性ホルモンは皮脂の分泌に大きく関わってきます。男性ホルモンと女性ホルモンの黄体ホルモンは皮脂の分泌を促し卵胞ホルモンは皮脂の分泌の抑制します。思春期にできるニキビは男性ホルモンによるものです。

また生まれつき毛孔の数が多く、皮脂腺も大きく働きが活発な人がいます。これは遺伝体質でニキビが出来やすくなります。

生活習慣

偏食はニキビの大きな要因です。ビタミンAが不足すると毛孔をふさぐ角質層の肥厚を招きビタミンB2の不足は皮膚を脂性に傾けます。睡眠不足とニキビの関係は多くの人が経験しているでしょう。便秘もニキビを引き起こします。腸内に便が留まっていると腸壁から有害物質が吸収されることもあり肝臓で解毒しきれずに血管を通って皮膚に作用すると考えられています。胃腸の働きを弱めるアルコール、タバコもニキビによくありません。ストレスも胃腸機能低下、自律神経失調などの原因となりニキビの発症と悪化を招きます。

 

外的要因

毛孔に常在しているアクネ菌(ニキビ菌)がニキビ発症に大きく関わっています。この菌は皮脂を栄養源としておりその為、毛孔に皮脂が溜まると過剰に増殖します。そして表皮にあるトリグリセリド(中性脂肪)を分解して遊離脂肪酸を生成しこれが毛包を破壊して炎症を起こします。ニキビ菌が出す老廃物に含まれるポルフィリンという物質に紫外線が当たると大量の活性酵素が発生して炎症が悪化するとされています。気温の変化も無視できない要因の一つです。気温が高くなると皮脂の分泌が盛んになり低くなると皮脂の量は減ります。

 

ニキビの要因は様々ですが髭脱毛をしていくで肌状態を整えておくことは重要です。毎日の髭剃りで肌荒れして、ニキビが出来るから髭脱毛をして肌状態を良くしたいという理由でいらっしゃる方も多いです。

髭脱毛は生活を豊かにしてくれると私は思います。

千葉でメンズ脱毛・ヒゲ脱毛するならBUDDY−バディ−

メンズ脱毛お試し2回セットの料金はこちら

BUDDYへのお問い合わせはこちら

BLOG 一覧に戻る

HPのTOPに戻る

LINEで送る
Pocket

千葉でメンズ脱毛するならBUDDY(バディ)

千葉でメンズ脱毛・ヒゲ脱毛するならBUDDY−バディ−|男性専門店・メンズVIO

TEL:043-356-3807

営業時間:平日10:00~22:00 土日祝 10:00~19:00
年中無休

WEB予約

おすすめ記事

プロフィール

千葉でメンズ脱毛・ヒゲ脱毛するならBUDDY−バディ−|男性専門店・メンズVIO

千葉のメンズ脱毛専門サロンBUDDY(バディ)です。髭・VIO・全身・美肌フェイシャル・ホワイトニングなど多彩なメニューで男性のお悩みに対応しています。

過去記事

メンズ脱毛サロンBUDDY公式SNS