BLOG

ひげ脱毛に密接に関わる肌の構造

スタッフの押野です。

本日はひげ脱毛に大きく関わってくる肌について記載していきます。

皮膚の構造

皮膚は大きく分けて3つの層から出来ています。

一番表面の層が表皮

その下が真皮

さらにその下に皮下組織があります。

また皮膚には毛、爪、皮脂腺、起毛筋、2つの汗腺(エクリン汗腺、アポクリン汗腺)があります。これらは皮膚付着器と呼ばれています。一番上の表皮は厚さ0、2mmと大変薄く、これに対してその下にある真皮は表皮の数倍の厚さがあります。密な繊維性結合組織からなり皮膚に若々しいハリや弾力をもたらしているのは主に真皮です。皮脂腺や汗腺それに神経や血管も真皮にあります。一番下の皮下組織は皮下脂肪を多く含む所です。皮下脂肪は泡状の集合のような形で存在します。女性の身体がいかにも女らしい丸みを帯びているのはこの皮下脂肪が作り出す曲線美です。皮下組織の下には筋肉や骨があります。鼻などには皮下脂肪がとても少ないので筋肉や骨の形がそのまま見えています。それで皮下脂肪の増減によって身体が太ったり痩せたりしても鼻は低くも高くもならないのです。

※起毛筋(キモウキン)‥‥哺乳類の皮膚にあって毛根に付着している微笑の筋肉。寒さや交感神経の刺激で収縮し毛を直立させて人では鳥肌を生じさせる。

 

表皮の構造

表皮は上から角質層、顆粒層、有棘層、基底層に区分されます。表皮の細胞は角化細胞と色素細胞の2種類に分類されます。表皮の大部分をしめる角化細胞は基底層で作られ、作られた細胞は次に作られる新しい細胞に下から押し上げられて皮膚の表面に向かって移動していき基底層から有棘層→顆粒層→角質層の細胞に変わり最後には角片となって剥がれ落ちていきます。

有棘層(ユウキョクソウ)

 

基底層

表皮の最下層である基底層では、基底細胞が盛んに細胞分裂を起こし分裂によって生まれた表皮細胞は有棘層に移動します。基底層は一列の円柱形をなし、表皮の境界線の面にほぼ垂直に並んでいます。これらの細胞は楕円形の核を持っています。細胞質内には幾らかのメラニン顆粒が含まれています。メラニンを生成している色素細胞/メラノサイトが基底細胞の間に点在しています。

有棘層

有棘層の厚さは表皮全体の厚さにほぼ並行して変動します。身体の部位によりかなり異なり数層〜10層の細胞から成ります。棘状の突起を出して繋がって見える為、有棘細胞と呼ばれています。棘状の部分はちょうど橋をかけたようになっているので細胞間橋と言います。この細胞間橋の間には絶えずリンパ液が流れ表皮の栄養をつかさどっています。有棘層の下層の細胞は多角形で核は楕円形ですが上部2〜3層では皮膚表面に並行して並んで細胞の扁平化に伴い核も平たくなります。

顆粒層

顆粒層は通常1〜2層の顆粒細胞からなり顆粒細胞の細胞質内にはケラトヒアリン顆粒が多く含まれています。ケラトヒアリン顆粒はガラスの様な性質の顆粒で光を強く屈折する性質があり紫外線を反射して体内に浸透するのを防止しています

角質層

表皮の最も外側にある角質層は核のない扁平な角質細胞が10〜20層にも重なって出来ています。角質細胞は表面に近付くにつれて細胞の間に隙間ができてきて角片が剥がれ落ちやすくなっています。手のひら、足の裏は角質が極めて厚く、その直下に透明層を有します。

角質層は吸水性や保湿性があり正常な状態では10〜20%の水分を含んでいます。角質層はケラチンというタンパク質が主成分です。ケラチンは強靭で化学物質に対する抵抗にも強い特性があります。ケラチンでできている角質層は外部の刺激から身体を守る役割をしています。その為同じ刺激を受けていると角質層は厚くなっていきます。日焼けをした後も角質層が厚くなり光を拡散して紫外線が透過するのを防いでいます。

表皮の細胞/ケラチノサイト

表皮細胞は角化という分化をする細胞です。最下層の基底層で分裂し次第に上に押し上げられついには角質層から脱落していきます。この過程には6週かかると言われています。

基底細胞の分裂によって新生された細胞は有棘層に上がり有棘細胞となります。のちの顆粒細胞にたどり着き顆粒細胞となり角質層にたどり着きます。この間に4週かかります。角質層の角質細胞になり皮膚表面に移動して角片となり脱落するまでさらに2週かかります。

 

真皮

真皮は皮膚の大部分をしめ乳頭層、網状層があります。表皮のようなはっきりした層の境はありません。真皮が表皮に入り混んでいる上の方、つまり真皮乳頭層や乳頭下層では繊維がまばらで水分が多くなっています。しかしその下の網状層では繊維が密で網目のように走っているので乳頭層から下の層には水分が浸透しにくくなっています。

 

膠原繊維(コウゲンセンイ)

コラーゲンというタンパク質からできており機械的外力や化学物質に強く外界の刺激から身体を保護する役目を果たしています。膠原繊維は全身の結合組織に広く分布しています。膠原繊維のように伸展性はないが張力に対して強い抵抗力を持っています。

弾性繊維(ダンセイセンイ)

その名の通り皮膚に弾力を与える繊維で歳をとるとだんだん減ってきてシワができます。この繊維は肉眼的黄色を帯びている為黄色繊維とも呼ばれます

 

皮下組織

真皮網状層の下部にあたり、大部分が脂肪細胞の集団です。今までは単に栄養貯蔵の組織として考えラテていましたが、現在では脂肪組織による保湿、エネルギー保護そして糖代謝・脂質代謝の接点をなし肝臓や筋肉などと共に生命全体の1つの機能を果たしている臓器とも考えられています。脂肪組織は成年男子で15%、女子で20%を占めています。正常値以上に脂肪組織が増大した状態を肥満と言います。

 

いかがだったでしょうか。

ひげ脱毛は少なからず肌、皮膚へもダメージを与えます。ひげ脱毛後に赤みが出てしまったり翌日も少し火照りがある方も稀にいます。保湿がとても大切です。ひげ脱毛をご検討中の方はご参考にしてみてください。

 

千葉/市原/成田でメンズ脱毛・ヒゲ脱毛するならBUDDY−バディ−

メンズ脱毛お試し2回セットの料金はこちら

BUDDYへのお問い合わせはこちら

BLOG 一覧に戻る

HPのTOPに戻る

LINEで送る
Pocket

千葉でメンズ脱毛するならBUDDY(バディ)

千葉でメンズ脱毛・ヒゲ脱毛するならBUDDY−バディ−|男性専門店・メンズVIO

TEL:043-356-3807

営業時間:平日10:00~22:00 土日祝 10:00~19:00
年中無休

WEB予約

おすすめ記事

プロフィール

千葉でメンズ脱毛・ヒゲ脱毛するならBUDDY−バディ−|男性専門店・メンズVIO

千葉のメンズ脱毛専門サロンBUDDY(バディ)です。髭・VIO・全身・美肌フェイシャル・ホワイトニングなど多彩なメニューで男性のお悩みに対応しています。

過去記事

メンズ脱毛サロンBUDDY公式SNS